様々な求人から自分に合ったものを探してみよう

仕事には様々な種類があります。そのため、自分のスキルを高めるために求人を探す人も少なくありません。また、給料などの待遇からコールセンターなどを選ぶこともできるため、求人募集を見ながら自分に合った仕事を探してみるのもいいかもしれません。

転職に向いているタクシー運転手などの仕事内容とはどういうものか

男性と女性

タクシー運転手の年収は給与形態で変わる

街でよく見かけるタクシーですが、昔からお客さんを乗せることができないと給料が発生しないというイメージを持っている人は多くいます。しかし、近年では昼だけ、夜だけのドライバーも増えてきており、給料制度も完全歩合と一部固定給があります。そのため、同じタクシー運転手でも年収が変わってきます。

男女

タクシーは転職に向いている仕事ともいわれている

タクシー運転手はよく転職に向いているといわれる仕事です。その理由は、免許があれば誰にでも応募資格があり、定年制度が設けられていないためです。そのため、若い層から定年を迎えた年齢層でも仕事を続けることができます。また、ブランクなどを持っていても研修を受けることができるので、安心して運転することができます。

タクシー運転手になるメリットをランキング

女性
no.1

勤務形態を選ぶことができる

タクシー運転手には「隔日勤務」と呼ばれる長時間働くスタイルと「昼日勤」「夜日勤」と呼ばれる昼の時間、夜の時間だけ働くスタイルがあります。固定している会社もありますが、多くがどちらかの勤務スタイルから選んで仕事ができます。

no.2

様々な待遇がある

タクシー運転手の仕事はなかなか待遇がよいとされています。特に最初のうちはお客さんを乗せることが難しいため、完全歩合制では給料がはいらないため、期間限定の給与保証がついていることがあります。また、地方から出てきた人でも働くことができるようにと社員寮を完備している場合が多いです。

no.3

人間関係のストレスが少ない

タクシーは基本的に車での業務になります。そのため、仕事での大きなストレスとされる人間関係があまりありません。お客さんとの接客も少なからずある仕事にはなりますが、長時間1人でいることができるため、リラックスもしやすいです。

タクシー運転手を目指すならタクシー会社を知ろう

数多くあるタクシー会社ですが、どの会社でも運転手がやることは同じだと考える人は少なくありません。しかし、会社によっては掲げているスローガンや勤務形態、給与形態が異なります。例えばKMグループのタクシーでも、本社とグループでわかれており、スローガンは同じでも指導方法等は各会社で異なっています。

広告募集中